自己破産するとクレジットカード利用不可!新規作成までの期間とは

自己破産後どれくらい経つと新しくクレジットカードが作れるの?

「クレジットカードが使えない期間はどう過ごせばいいの?」

自己破産すると現在利用しているクレジットカードは、すべて利用することができなくなります

また、自己破産した後も一定の期間が経過するまで新しくカードを作ることもできなくなってしまいます

クレジットカードの利用になれている人にとって、自己破産でカードの利用ができなくなることは大きなデメリットとなるでしょう。

しかし、一生クレジットカードが持てなくなるわけではなく、一定の期間が経過すれば新しくカードを作れるようになるので過度な心配は不要です。

今回は、自己破産後に新しくクレジットカードが作れるようになるまでの期間や、スムーズにカードの発行を受けるために必要な最低限度の知識についてご紹介いたします。

冒頭のような各種の疑問に債務整理のプロがしっかりとお答えしますので、ぜひ最後までお読みください。

なお、当記事は重要ポイントを赤ペンで強調してありますので、強調部分だけに目を通していただければ1~2分で一通り理解可能です。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 債務整理の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます

自己破産するとクレジットカードが使えなくなる!

自己破産するとクレジットカードの利用に対して、以下のように大きな影響を与えることになります。

日常的にカードを利用して生活している方は、自己破産する際には慎重に手続きを行う必要があります。

現在使用中のクレジットカードへの影響

自己破産した場合、現在使用しているクレジットカードは使うことができなくなります

カードによるショッピングはもちろんのこと、キャッシングでお金を借りることもできなくなりますので注意が必要です。

この点は非常に重要ですので、自己破産を検討する場合には絶対に抑えておかなければいけないポイントとなります。

自己破産を弁護士に依頼した場合、依頼を受けた弁護士は債権者であるカード会社などに受任通知を発送します。

受任通知では、債務者が自己破産する予定であることなどを債権者に通知することになります。

この通知を受けたカード会社は、債務者との間の契約を強制的に解約するため、それ以降クレジットカードが使えなくなるのです。

どうしてもクレジットカードを手放したくないという思いから、カード会社だけを自己破産の対象から外そうと考える方がいらっしゃいますが、そのような行為は許されません。

なぜなら自己破産では、法律上すべての債権者を対象とする必要があるからです。

任意整理の場合には、手続きの対象となる債権者を自由に選ぶことができますが、自己破産ではそのようなことはできないのです。

使用していないクレジットカードはどうなる?

自己破産した場合にクレジットカードが使えなくなるのは、現在利用しているカードだけに限定されません。

カード自体は持っているものの、まったく使っていないクレジットカードも同様に利用できなくなります

カード自体は作ったものの、今まで一度も使ったことがないクレジットカードがある場合、そのカード会社に対しては債務がないため自己破産の対象となりません。

そのため、そのクレジットカードはしばらくの間であれば利用できる可能性があります。

しかし、そのクレジットカードもカードの更新時などに信用情報が確認されるため、いずれ使用できなくなります。

なお、自己破産の手続きをしているにもかかわらずクレジットカードを利用する行為は、詐欺行為に該当する可能性のある行為となります。

自己破産の手続きに入ったあとに使えるカードがあったとしても、ぜったいに使用しないようにしてください。

自己破産するとクレジットカードが利用できなくなる理由とは?

自己破産した場合、個人信用情報機関において破産者の信用情報に「事故情報(異動情報)」が記録されます。

「信用情報」とは、銀行や消費者金融・カード会社など金融機関におけるこれまでの利用状況をデータ化したものです。

ある人の信用情報に事故情報が記録されることを、「ブラックリストに入る」などと呼んだりします。

クレジットカードの新規発行を受けた場合、カード会社では審査をするために申し込みをしてきた人の信用情報を確認することになっています。

この際に申込者の信用情報に事故情報が記録されていることが判明すると、審査に落ちることになるのです。

つまり、個人信用情報機関でブラックリストに入っている間(信用情報に事故情報が記録されている間)は、クレジットカードの新規発行を受けることができないということになります。

しかし、一度ブラックリストに載ったからといって、リストから一生名前が削除されないわけではありません。

一定の期間経過後には、自動的にブラックリストから名前が削除されることになっているのです。

自己破産後にクレジットカードが作れるようになるまでの期間とは?

冒頭でもご紹介したように、自己破産するとそれまで利用していたクレジットカードが使えなくなります。

また、自己破産した後も一定期間内は新しくクレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。

しかしだからといって、一生クレジットカードを作ることができなくなるわけではありません。

個人信用情報機関のデータから事故情報が削除されれば、それ以降は新規でクレジットカードの発行を受けることも可能となるのです。

それでは具体的に、どれくらいの期間が経過すれば新しくクレジットカードを作ることができるようになるのでしょうか?

個人信用情報機関にはCIC・JICC・KSCと3つ存在しますが、自己破産の場合における事故情報(ブラックリスト情報)の保存については、以下のようにそれぞれ扱いが異なっています。

①CIC

CICには、主としてクレジットカード会社などが加盟しています。

自己破産による事故情報は、5年間保存されます。

②JICC

JICCには、主に消費者金融会社が加盟していますが、クレジットカード会社の一部も加盟しています。

自己破産した場合、JICCでも5年間ブラックリストに名前が載ることになります。

③KSC

KSCには、全国の銀行や信用金庫などが加盟しています。

3つある個人信用情報機関の中で、事故情報に関して一番厳しい扱いをしている機関です。

自己破産すると10年もの長期間、事故情報が保存されることになります。

KSCでは官報の掲載情報をもとに事故情報を収集しているため、自己破産することでKSCに加盟している金融機関に迷惑をかけなかったとしてもブラックリストに名前が載ります。

自己破産した場合には、以上のように5年から10年間は事故情報が保存されたままになり、その期間の経過によって事故情報が削除されることになっているのです。

自己破産後にクレジットカードの申し込みをする際の注意点

上記のように、自己破産すると一定期間はクレジットカードを作ることができなくなります。

しかし一定期間が経過し、ブラックリストから名前が削除されたからといって手当たり次第にカードの発行申請をすることは避けたほうが賢明です。

場合によっては、カード会社の審査に落ち続ける原因を作ることになってしまう可能性もあるからです。

自己破産後、新たにクレジットカードを作る際には以下のようなポイントに注意してください

これらポイントを抑えることで、カードの申し込み時の審査をパスできる可能性を高めることができるはずです。

  • (1)申し込み前には自分の信用情報を確認する
  • (2)過去に迷惑をかけたカード会社は避ける
  • (3)一度に複数の申し込みをしない
  • (4)2度目以降の申し込みは6か月以上間をあける

それぞれについて確認していきましょう。

(1)申し込み前には自分の信用情報を確認する

自己破産後5年から10年は、新規でクレジットカードを作ることはできません。

新しくクレジットカードを作る場合には、個人信用情報機関で事故情報が削除されたことを確認してから申し込みをするようにしてください。

自己破産後一定の時間が経過したとしても、個人信用情報機関においてまだ事故情報が削除されていない場合には、何社に対して発行の申請をしたとしてもクレジットカードを作ることはできません。

自己破産後に新しくクレジットカードを作る際には、各信用情報機関における自分のデータを確認してから行うようにすることが大切です。

CICやJICC・KSCに登録されている自分の信用情報は、各機関に請求することにより自分で確認することができるようになっています(これを「開示請求」といいます)。

KSCでは郵送でしか開示請求できませんが、CICやJICCでは郵送のほかネット上でも開示請求することができるようになっています。

クレジットカードの新規発行を申し込む際には、事前に開示請求することにより自分の名前がブラックリストから削除されていることを確認するようにしましょう。

なお、開示請求する際には、各機関が定める手数料を納付する必要があります。

(2)過去に迷惑をかけたカード会社は避ける

自己破産したことによる事故情報は、個人信用情報機関では5年から10年の経過によって削除されます。

しかし過去に債務整理したことで迷惑をかけた金融機関では、独自にブラックリストを作成し、いつまでもそのデータを保持している可能性があります。

これを「自社ブラック」などと呼んだりすることがあります。

このため、過去に迷惑をかけた金融機関にクレジットカードの新規発行を申請しても審査で落とされる可能性が高いと考えたほうがよいでしょう。

自己破産後にクレジットカードの発行を申し込む際には、自己破産によって迷惑をかけたことの無い金融機関に対して行うようにしてください。

(3)一度に複数の申し込みをしない

新しくクレジットカードを作る際には、複数のカード会社に重複して申し込みをしないことも重要です。

新規の発行申請を一度に複数のカード会社にしてしまうと、信用情報のデータからその事実が各社にバレてしまい、いわゆる「申し込みブラック」という状態になってしまうからです。

発行の申し込みを受けたカード会社では、こんなに多重にカードの申し込みをしているということはお金に困っている人なのではないかと疑い、結果として審査に落ちることにつながってしまうといわれています。

(4)2度目以降の申し込みは6か月以上間をあける

残念ながら審査に落ちてしまった場合、つぎの審査でパスするために大切なことは、前回の申し込みから最低でも6か月以上の間をあけることです。

クレジットカードの発行申請を受けたカード会社は、申し込みをしてきた人の信用情報を確認するため個人信用情報機関にデータの照会をすることになっています。

信用情報機関では、カード会社による照会の事実も「照会履歴」として6か月間記録されます。

このため、自分の信用情報の中に照会履歴が残っている状態で他社に対して新規のクレジットカードの発行申請をした場合には、短期間に複数のクレジットカードの発行申請をしている事実がバレてしまうからです。

クレジットカードが持てない場合の2つの対策

ご紹介したように自己破産すると、その後一定期間はクレジットカードを持つことができなくなってしまいます。

しかし、やはり何といってもクレジットカードは便利なもの。

使用できないと普段の生活も不便を強いられるかもしれません。

特にカードでないと購入できない商品やサービスなどを利用したい場合、どうしてもクレジットカードに代わるカードが必要になるケースもあるでしょう。

そのような場合、つぎのような対策を検討してみてはいかがでしょうか?

自分でクレジットカードが持てるようになるまでの「繋ぎ」として利用できるはずです。

  • (1)デビットカードを利用する
  • (2)クレジットカードの家族会員になる

それぞれについて、簡単に確認しておくことにしましょう。

(1)デビットカードを利用する

クレジットカードに似た機能を持つカードとして、デビットカードがあります。

デビットカードを利用すれば、お店やネットで商品を購入したりする際にいちいち現金を用意する必要がないため、クレジットカードのように便利に利用することが可能です。

デビットカードを作る際には、クレジットカードのような審査を受ける必要がないため、すでにブラックリストに入っている状態の人でも問題なくカードを持てるのです。

デビットカードでは、利用する際にあらかじめ登録してある銀行口座から利用分の代金が即時に引き落とされるシステムになっています。

このため仮に残高が不足している場合にはその時だけ利用不可とはなりますが、あくまでも自分の預金残高の範囲内で利用できるカードであるため、新たな借金を作る心配がありません。

ただし、デビットカードの種類によっては年会費が発生したり、利用できるサービスなどに制限がある場合もあります。

作成する際には、各社が提供するカードの特徴をよく調べ、自分にとって最適なものを選択する必要があります。

(2)クレジットカードの家族会員になる

自己破産することによって事故情報が記録されるのは、あくまでも破産をした本人に限られます。

つまり、自分が破産したとしても家族の信用情報に悪影響が及ぶことはないのです。

そのため、家族の中にクレジットカードを利用している人がいる場合には、そのカードの家族会員になることで自分のカードを持つことができる可能性があります。

自己破産後、どうしてもクレジットカードが欲しいという場合には検討してみるとよいでしょう。

ただし利用に際しては、家族に迷惑をかけないためにも必要最低限度で利用することを心がける必要があります。

まとめ

今回は、自己破産後にクレジットカードを新しく作成できるようになるまでの期間や、スムーズに作成するためのノウハウをテーマとして知っておくべき各種の知識をご紹介いたしました。

自己破産した場合には個人信用情報機関でブラックリストに入るため、現在使用中のクレジットカードは利用できなくなります。

また、自己破産後5年から10年の間は新しくクレジットカードを作ることもできなくなってしまうので注意が必要です。

自己破産すれば基本的に借金のすべてを帳消しにすることができますが、クレジットカードが利用できなくなるなど各種のデメリットを受けることになります。

手続きを行う際には、事前に自己破産にはどのようなデメリットがあるのかを十分確認することが大切です。

借金問題の解決方法は、人によって千差万別です。

返済しきれないほど多額の借金があったとしても、自己破産以外にも解決方法があるケースは多数存在します。

最適な債務整理方法を選択するためには、何よりも弁護士に相談することがベスト!

当事務所では全国どちらからのご相談・ご依頼でも年中無休で24時間承っております。

しかも、相談料は基本的に無料ですので、この機会にぜひ当事務所をご利用ください。

日本一気軽に弁護士に相談しましょう
  • 全国どこからでも24時間年中無休でメールや電話での相談ができます
  • ご相談は無料です
  • ご相談やご質問のみでも気兼ねなくご連絡ください
  • 債務整理の専門知識をもった弁護士が親身に誠実に対応させていただきます
借金問題で悩んでいる方は弁護士に無料で相談しましょう

全国対応で24時間、弁護士による借金問題・債務整理の無料相談を受け付けております。

弁護士と話したことがないので緊張する…相談だけだと申し訳ない…とお考えの方は心配不要です。

当法律事務所では、ご相談=ご依頼とは考えておりません。弁護士に解決方法だけでもまずは聞いてみてはいかがでしょうか。

ご相談のみで問題が解決する方も多くおられますので、日本一気軽に相談できる法律事務所にメールまたはお電話でご連絡ください。